破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ボ~~っとしてください・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ボ~~っとしてください・・・」

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ボ~~っとしてください・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



何か答えが欲しいと思う時は、

ボ~~っとしていてくださいbyアシュタール


-------------------------------------------------------------------------------------------------



今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何か答えが欲しいと思う時は、ボ~~っとしていてください。

答えを見つけようとか、そんなことを何も考えずに

とにかくひたすらボ~~っとしてください。

空を見上げて雲の流れを追ってもいいと思います。

屋根から落ちてくる雨のしずくを眺めているのもいいと思います。

時計の秒針がコチコチ動くのをただ眺めているだけでもいいと思います。

風に吹かれて揺れている葉っぱを眺めているのもいいと思います。

とにかく、何も考えずにボ~~っとするのです。

そうすれば、答えはあなたの中から出てきます。

言葉では聞こえませんよ。

フッと何かを思いつくという感じです。

あ、あの人に聞いてみようかな、とか

あ、あの本を読んでみようかな、とか

そんな感じで答えが出てきます。

何かを探している時も同じです。

例えば鍵が見つからないという時も、ボ~~っとするのです。

そんなヒマはない?・・でも、探し回る時間よりも、

その方が早く見つかるのです。

ボ~~っとすることで、鍵のエネルギーを感じることが出来るのです。

鍵がここにいますよと教えてくれるのです。

そんなぁ~~・・鍵が教えてくれるわけないじゃない・・

って思いますよね。

でもね、教えてくれるんです。

もちろん、言葉ではっきりと教えてくれるわけじゃありませんよ。

あ~、あの辺を探してみようかな・・って思う感じです。

その感じ?感覚を信じてみてください。

そこに鍵はあります。

信じ切れれば、むやみに探し回るよりも早く見つけることが出来ます。


身体のこともそうです。

例えば、足首が痛い時など、痛いけどどうしたらいい?・・

と自分に問いかけた後に、ボ~~っとするのです。

そうすれば、冷やしていようかな、とか、温めてみようかな、とか

ちょっと動かしてみようかな、とか、ここを押してみようかな、とか

いろんなアイディアが浮かんできます。

それが、私がよくお伝えするマインドの外からの情報なのです。

頭(マインド)で解決しようと思っても、頭はいままでの情報、

やり方しか知りません。

頭(マインド)の中にあるのは本当に少ない知識であり情報なのです。

その外には膨大な情報があるのです。

その情報にアクセスできれば、あなたの答えは見つかるのです。

その情報にアクセスするために、ボ~~っとしてください。

いままで教えられてきた方法とはまったく真逆なことですね。

頭を使いなさい・・頭を使って知識を覚えなさい・・

とばかり教えられてきました。

だから、ボ~~っとすることはいけないことだと思っています。

その考え方を手放してください。

だからと言ってムリヤリボ~~っとしようと思っても、それは出来ません。

ムリヤリぼ~~っとすることは出来ないのです。

ボ~~っとしようと思うマインドが動いてしまうからです。

ボ~~っとすることを楽しんでください。

葉っぱ揺れてるねぇ~~・・雨だれがキレイだねぇ~~・・

って感じでしょうか。

とにかくボ~~っとする感覚を思い出してください。

その感覚を思い出すことが出来れば

自由にボ~~っとすることが出来るようになります。

ということは、いつでも自由にマインド(頭)の外からの情報を

得ることが出来るようになるということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


(ここまで)


昨日の記事の波動についても、少しぼ~~っと考えていたら

波動の本質が少し見えてきました。

それはやはり波動がエネルギーそのものであって、私たちの意識に

反応するということでした。


テレパシーにしても念動力にしても、テレポーテーションにしても

基本は波動です。

テレパシーを使うには意識と波動をリンクさせることです。

私たちは言葉にする前に必ず何らかのイメージを考えています。

そのイメージをすぐに言葉にしているのでわからないだけで、実際には

イメージが波動によって生み出されています。

何を言いたいのかというと、意識そのものは波動エネルギーそのもの

だということです。

そのためには私たちは言葉で考えているのではなく、イメージを言葉に

して物事を考えているということを思い出す必要があります。


明日どこかへ行きたいと思ったときには、明日自分がどこかにいる

イメージが生まれます。そのときのイメージにはどこどこという

具体的な場所のイメージはありません。

ただどこかへ行きたいというイメージがそのイメージを想起させ

その次にどこへへ行くか?とイメージすると具体的な場所が思い

浮かんできます。それが渋谷だったり原宿だったりします。

本当は私たちはそのようにして考えているのです。


では、そのイメージはどこから来るのか?

それは意識が創っています。


その意識のイメージが波動エネルギーの産物だとすると、意識の

持つ波動エネルギーでそのイメージをどこかに送れるはずです。


人の意識エネルギー(=波動エネルギー)は偏在性がありどこにでも

存在します。そして、すべての人が同じようなことをしています。

その意識エネルギーは電波のようにあらゆる場所に存在し飛び交って

いると仮定するなら、その意識エネルギーに焦点を当ててとらえ

られるようにするなら特定の思考を受け取ることが可能になります。


また、人の思考や意識はその人特有の振動数を持つので、仮に

テレパシーのやり取りをしたいと思ったときには、対象となる人と

意識を合わせます。

意識を合わせるというのは相手の心をを感じるということです。

そうすればイメージのやりとりが出来るようになると思います。

言葉ではなくイメージとして受け取るようにするといいでしょう。

私たちの意識は波動エネルギーに反応するということを思い出して

みればわかると思いますが、相手の心を感じ取る時に波動エネルギー

に意識を合わせているはずです。


先日親しい人と数字の当てっこをしてみましたが、5割くらいの

確率で当たりました。

相手が不思議がってしまい、それ以上出来ませんでしたが

やろうと思えばできるようです。


波動エネルギーというのはこの世界を満たしているものすごく

基本的なエネルギーのことです。

すべてがそれによって出来ています。


波動の表れは波でもあり粒子でもあります。

それはエネルギーの波が折り重なって凝縮するところに粒子が出来るという

感じになるだろうと思います。


これを書いている時にもボ~~っとしながら書いているものです。

そうするとイメージが次から次へと浮かんできます。

それを書いているだけなのですが、まだまだ理解不足な部分があるので

内容が少し抽象的になってしまっていますが、仕方ないでしょう。












オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.ss-blog.jp/2019-12-04

2019-12-04 (水) 16:55:32
  Topページへ戻る
  • 泣いている赤ちゃんに子犬を抱かせたら?どうなったの?
  • オレンジャーからのメッセージ「理想と現実」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:イヤなことは忘れてください」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ふたつの大きな矛盾・・・」
  • 銀行と大企業が消えていく ~中央銀行・ロスチャ金融帝国の最期が迫る~
  • オレンジャーからのメッセージ「時空を超える」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:この件は時間のバグです・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:潔く、捨ててください・・・」
  • オレンジャーからのメッセージ「ひらいてつながる」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん: 行き詰まってしまった社会をまた活性化するには・・・ 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:波動が軽いと物質でなくなるの?」
  • 消費税を上げておきながら次々と可決されようとしている医療制度の改悪とその未来
  • オレンジャーからのメッセージ「天の法則」
  • 世にも奇妙なフツーの話「 テレビ怖ってなってサクッと消したある日のミナミです 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ボ~~っとしてください・・・」