「新型コロナ対策」国は何もしない、各自の判断で、国は補填しない!究極の無責任政府 | 最終次元www.jigen.xyz

 「新型コロナ対策」国は何もしない、各自の判断で、国は補填しない!究極の無責任政府

「新型コロナ対策」国は何もしない、各自の判断で、国は補填しない!究極の無責任政府

シャンティ・フーラからの転載です。

(ここから)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
竹下雅敏氏からの情報です。
 「新型コロナ対策の基本方針」はツイートにあるように、“国は何もしないから、各自
の判断で”というもの。要するに、“政府として要請はするけど、あくまでも自己責任な。
損害が出ても、自己判断だから政府は金を出さない。よろしく”ということ。
 昨日の記事で、“満員の通勤電車が極めて危険…感染予防対策として「一番いい方法は
山手線を止める」ことであるのは誰でもわかりますが、現実的ではありません”とコメン
トしたわけですが、政府としては山手線を止めた際の損害の補填をしたくないわけです。
 しかし、このような究極の無責任を「基本方針」にされたのでは、誰もが困ります。
イベントを中止した際の損害には保険が効かないようで、損害を主催者がすべて被らなけ
ればなりません。この例を見てもわかりますが、今後「新型コロナウイルス」が引金とな
る倒産が激増するはずです。
 この本物の「国難」を乗り切るのに、ベーシックインカムを導入することを真剣に考え
た方が良いと思います。MSA資金を放り込めば、ベーシックインカムは簡単に実現すると
思われます。ただ、安倍政権での導入は無理でしょう。彼らの頭では、「利権」と「面子」
以外は何も受け付けないし、理解できないと思われるからです。
(竹下雅敏)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナ「イベント中止なら倒産」「政府は補償を」の声続々と
引用元)Yahoo!JAPANニュース 20/2/27 BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルス対策で政府がイベントの中止または延期を要請したことを受け、コンサートなど多くのイベントが中止を発表した。一方で、関係者からはこれまで明確な方針を示さず、十分な補償もない政府への不満の声も上がる。
(中略)
能楽師・槻宅聡さんは「丸投げに等しい」とツイート。

「能・狂言を主催する側としては、一律の自粛は求めないのに、開催の必要性を検討してほしい、というのは判断を丸投げされたに等しい。中止すればチケットは払い戻し、会場へは使用料を、出演者には違約金を払わなければならない。この損害に耐えられる主催者でなければ開催するしか選択肢がない」
(中略)
イベント中止を受けて、Twitterには関係者からの悲痛な声も上がる。その多くが、政府への補償を求めるものだ。
(中略)
「政府はイベント中止要請を出すなら、セットで補償や融資を決めてくれないと、バタバタ倒産するのは目に見えてる。収入は途絶える。払いはある。そんなのに耐えられるのはよほどの大企業だけ。主催者、出演者だけじゃない。周辺業者、近隣宿泊飲食施設、交通機関…全部影響する。政府は中小支援を!」
(以下略)


病院に来ないでください専門病床拡大のための方策はありません大規模興業中止のための補助なども考えてません休業補償も企業が勝手にやってください時差通勤も自己責任でどうぞ検査や治療は自治体でがんばって新型コロナウイルス 政府 対策基本方針を決定|NHK https://t.co/gA6unHuEhz— れっどゴルゴANTIFA (@RedGolgo) February 25, 2020


新型肺炎・全国民に20万円給付せよー経済学者有志が政府へ提言
日経NEEDSで試算「GDP、消費者物価指数」を史上初発表
引用元)
Peatix
私たちは「日本ベーシックインカム学会」理事有志や、経済学者有志です。

私たちは「全国民に20万円を給付せよ」という提言を日本政府・財務省に行い、日経新聞の経済解析ツールNEEDSを活用した「20万円給付をした場合としなかった場合のGDPや消費者物価指数の推移試算」(小野盛司氏監修)を、史上初、厚生労働省記者クラブで発表します。

 新型肺炎の感染拡大に伴い、日本政府はイベントの中止要請やテレワークの推奨・休学・自宅待機を進めていますが、個人・企業に対しての十分な補償がありません。このままではコロナ不況による倒産が続出する恐れがあります。

 香港政府は新型肺炎対策として18歳以上の全市民に対して14万円の支給を発表しました。一~二週間が感染拡大を防ぐ最も重要な時期である日本も続くべきです。
(中略)
「コロナ対策として全国民に20万円を支給せよ」経済学者らが記者会見

 日時:2020年2月28日(金)午後3時~

 場所:厚生労働省記者クラブ
(以下略)

(ここまで)

本当にここまで混乱を引き起こした責任は政府にあるのですから、国民全員に一律
20万円支給べきですね。


オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.ss-blog.jp/2020-02-28-4

2020-02-28 (金) 20:48:48
  Topページへ戻る
  • サイト移転のお知らせ
  • オレンジャーからのメッセージ「すべては陰陽」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:楽しんでいる人たちがいる???」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:エネルギーでひかないで・・・」
  • 「新型コロナ対策」国は何もしない、各自の判断で、国は補填しない!究極の無責任政府
  • オレンジャーからのメッセージ「今が未来を創る」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:良いエネルギーってどんなエネルギーですか?」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:素直である、それはただの都合のいい人」
  • もし、PCR検査を止めているのが感染症研究所だとしたら・・・
  • 日本の医療対策は開発途上国よりひどい
  • オレンジャーからのメッセージ「試されている」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:養われるということ・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ザ・仕事!」
  • オレンジャーからのメッセージ「ワクワクを観察する」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:潔く、気持ちよく、手放してください・・・」