破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:思考停止・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:思考停止・・・」

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:思考停止・・・」



(ここから)

今日の破・常識!



会社、上司の命令は、絶対的な命令ではなく

方針?提案?だと考えて。

命令だと思ってしまうから思考停止に陥ってしまう・・・らしい(笑)


---------------------------------------------------------------------------------------------------


今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたの権利を誰かに渡してしまわないでください。

あなた達は、小さなころから、自分より大きい人の

いうことを聞くように教育されてきてしまっています。

子どものころは、年の上の人、身体の大きい人、

腕力の強い人、もちろん先生たち・・

大人になったら、社会的立場の上の人、権力者、政府関係者、

声の大きい人(主張の強い人)、腕力の強い人・・

自分より大きい?人には絶対的に服従するように

躾けられてしまっているのです。

だから、そういう人たちが理不尽なことを押し付けて来ても

反論することも考えないくらい受け入れてしまうのです。

自分の権利は、自分の手にしっかりと握り

どんなことがあっても人には渡さないでください。

このくらいいいでしょ、そんなにたいしたことではないから

・・と小さなことを見逃してしまうと

それがどんどん大きくなっていってしまいます。

気がついたら、人生そのものに関するようなことでも

受け入れなくてはいけなくなってしまうこともあるのです。

あなたのまわりのことは、全部自分で決めるようにしてください。

それには、すべては平等である・・それを忘れないでください。

あなたは会社の従属物ではありません。

あなたは社会の従属物でもないのです。

会社も社会も、あなたと平等なのです。

会社は、あなたが仕事をすることで利益を得ることが出来るのです。

あなたは、あなたがした仕事の報酬として給料を得ているのです。

だから、あなたは堂々としていてください。

会社に養ってもらっている訳ではありません。

会社に生かしてもらっている訳ではありません。

それを忘れないでください・・

それを忘れてしまうと、会社の方が自分よりも偉い?

大きな?存在だと思ってしまい

理不尽な要求も受け入れてしまうことになります。


社会も同じです。

あなたは、国の?政府の?政治家の?官僚の?おかげで

生かしていただいているのではありません。

あなたが居るから国は成り立つのです。

あなたが国を支えているのです。

国があなたより偉い・・なんてことはありません。

逆に考えるように仕向けられてしまっているだけで、

本当に権利があるのはあなた達庶民の方なのです。

それを忘れないでください。

それを忘れてしまうから、小さくなって理不尽なことを

受け入れてしまうのです。

あなた達庶民がいなければ、国は成り立たないのです。

あなた達社員と呼ばれる人たちがいなければ、

どんなに大きな設備を持っていようと

どんなにたくさんの資本を持っていようと

どんなに権力を持つ人がトップに座ろうと

会社は成り立たないのです。

首にするよ・・などという脅しにおびえないでください。

言うことを聞かなければ投獄するよ・・

という脅しを怖がらないでください。

(戦争に行かない人は、死刑にするなどといった方も

いらっしゃいましたが・・みんなが全員戦争に行かないと

宣言したらどうなるでしょうか?)

あなたの人生の権利(どう生きるか? 何をするか?)を

持っているのは、あなただけです。

どんなに、こうしなさい、そうでなければひどい目に合いますよ

・・と脅されてもあなたがそれを受け入れなければ、

誰もあなたから権利をはく奪することは出来ないのです。

怖がるから、権利を渡してしまうことになるのです。

指図されることに慣れないでください。

指図される方が楽でいい・・などと考えないでください。

指図され、それを受け入れるということは、

権利を渡してしまうことなのです。


自分のことは、自分で決めてください。

いつもいつも、どんなことであっても自分で決めてください。

会社の命令なら、自分で決めることは出来ません

・・と考えてしまうのは、最初から、諦めてしまって

考えることをやめてしまったからです。

思考停止になってしまっているからです。

思考停止にしたくて、あなたを小さなころから

教育しているのが、いまのあなた達の社会の教育なのです。

あなたの社会の教育は、思考停止にさせ

没個性にすることが一番の目的です。

会社、上司の命令は、絶対的な命令ではなく

方針?提案?だと考えてください。

命令だと思ってしまうから思考停止に陥ってしまうのです。

会社、上司からの方針?提案?だと受け取ることが出来れば、

自分を主体に考えることが出来るようになります。

自分でいろんなことを考え

自分で決めることが出来るようになります。

会社、国、組織・・は、あなたと同等であり平等なのです。

大きいからと言って怖がらないでください。

あなたは、堂々としていてください。

あなたの権利は、あなたの権利であり誰のものでもありません。

あなたの権利を手放さないでくださいね。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


(ここまで)

会社で思考停止になって上司や力の強い人に従ってしまう根底には

「怖れ」というのがあるだろうと思います。

従わないと、それ以降仕事を頼まれなくなり冷や飯を食う羽目に

なるかもしれないとか、左遷、降格なども考えるでしょう。

そこで、これは仕事なんだからと理不尽なことでも受け入れて

しまうので、上司や力の強い人は扱いやすい人だと考えるように

なるので、それ以降も同じ態度で接してきます。

そこで、これはこれこれの理由で引き受けられませんと反論する

ならば、逆に上司の評価を得ることもあります。

ただし、その反論が理にかなっていればという条件が付きますが

営業会議などで会社の現状を考えればこうする方が良いと提案し

それが上司の意見と違っていたとしても、上司に見る目があれば

次回からは意見を求めるようになります。

ただ、たんに盲目的に従う人は評価されません。

だから、自分の考えができるように自分自身を訓練しておくことも

必要なことです。もし、それがないと思考停止に自ら陥ってしまい

そこから抜け出せなくなります。

ある意味、委縮した状態になるということです。

自分自身の権利を他人に渡さず、自分で判断し考え決定することが

重要だということですね。


オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.ss-blog.jp/2019-10-20

2019-10-20 (日) 16:42:16
  Topページへ戻る
  • 原子村の仕組みを河野太郎氏が解説していた
  • オレンジャーからのメッセージ「折り返し」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:新しい生活に進化していくチャンスです」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ワクワク感がわからない・・・」
  • イソップ物語に出て来るウサギと亀の競争は亀が勝ったが、本当?
  • オレンジャーからのメッセージ「自分を応援する」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:テストはありません・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:思考停止・・・」
  • 仮想通過を個人献金として行うのは合法という無茶苦茶な閣議決定!
  • 突如進路を変え、日本列島に向けて進行中の台風20号、21号
  • オレンジャーからのメッセージ「普通と常識」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:大きなひとつのピラミッド・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙は無限です・・・」
  • ついに年金は75歳からもらうことを選べる時代に突入!
  • 台風19号の被災者支援に予備費5000億円から7.1億円出したといばっている安倍総理!